久し振りの不具合

先日、久しぶりに転んで故障をしました。転んで怪我をするという想い出は、中学校以上なので、転んです瞬間に何が起こったのか分からずに、暫し立ち上がる事が出来ませんでした。タイミングを理解してからも、無性に盛大に転んです結果、恥ずかしさって可笑しさが混ざって、その組織のまま笑ってしまいました。

周りにいた近辺が心配して駆け寄ってくれたのですが、「まるで平安」としか言えませんでした。ただしじつは、平手、膝、膝下、足の甲、小指といたるとこを擦りむいたり、打撲したりといった、辛いなんてものじゃありませんでした。

も、とっくに別れ際の現象だった結果、ありのまましれっとマイカーで帰郷をしました。帰ってから負傷を見てみると、血液は出てるは、むくみてるはで一大事になっていました。

ただ、怪我をしたのが久方振りすぎて、治療の振舞いが分かりません。負傷を残らないように少なく治したいけど、どうすればいいのかが思い付かんです。
ひとまず、負傷を短く直す絆創膏罹るものを買ってみたのはいいものの、貼り顧客やチェンジの間等もあまり分かりません。やり方のベターが思い付かとおり使ってみましたが、これで直るのかは半信半疑だ。

こういう絆創膏のお陰さまかは分かりませんが、結果的には、傷跡は小さく小さくなってきていますし、痛みもなんとも引いてきました。久方振りの故障にあたふたしてしまいましたが、無事に修復にかけて心から良かったなと思います。

やはり自身何事も想い出ですなと言う事を本日実感しました。故障をしないに越した事はありませんが、今回の事で、学べたこともありますし、想い出できて負債ではなかったと思います。

でも、みなさんは転ばないように敢然と先を見て、転ばないように歩いてくださいね。

http://xn--3–e73a5pzdvdxeqa6mu333akvgk42bm5ya2290bba380v5my